家族計画にはまず生理周期が整っているとスムーズ

長男の妊娠は予定外だったので、私は子作り、いわゆる妊活に関してはあまり知識がありませんでした。しかし一人目ができて「やっぱりもう一人、いたらいいかも」と思うようになりました。一人っ子でもいいけれど、兄弟がいた方がいいなあと漠然と思ったのです。長男を産んだものすでに30歳後半だったので、あまりのんびりもしていられません。

ひとり出産しておいて、排卵日について何も知らないというのなんですが、もう一人作ろうと思って初めて排卵日など、妊娠などについて調べてみた次第ですした。

生理周期が安定しているのが前提ですが、排卵日から次回生理が開始日は基本的に14日間。私はだいたい30日周期だったので、30日ー14日=16日、という事で、生理が始まって16日後が排卵日だとわかりました。排卵日当日よりも、あらかじめ精子が子宮にいた方が妊娠の確率も上がりやすいという事で、15日後に性交を行うと、妊娠しやすいという事でした。

近くに頼れる親などがいない私は、里帰り出産を希望していました。実家が遠方にあるので、少なくとも出産前後3か月は実家暮らしとなる予定。しかし、長男は翌年に幼稚園に入れたいと思っていたので、春までには産んで自宅に帰れるほうが望ましい。そんなことで逆算してみると、今月か来月には着床しなければなりません。もしすぐにできなかったら、時期をずらしてまた考えようと思っていました。

そんなに簡単に妊娠しないよな、と思っていたのですが、ありがたいことに、うまく妊娠できてしまったから驚きました。体ってすごいな、としみじみ。

おかげで、実家で里帰り出産できて、長男の入園式までに自宅に戻ってくることができてとてもよかったです。

今回すぐに妊娠できたのも、生理周期が決まっていたので、排卵日を確認しやすかったのが大きいと思います。排卵日は生理周期が安定していないと計算することが難しくなります。

基礎体温を計って知ることもできますが、体温はその日の体調に影響を受けやすいという点もあります。

やはり、体を整えて、生理周期を安定させるのが排卵日を知るのに大切です。日頃から気をつけたいのが、ストレスや食生活の乱れです。

私も、仕事が忙しく残業続きだった頃は、生理がよく遅れていました。ストレスによって女性ホルモンの分泌がうまくいかなくなることがあるそうです。

これから子供をほしいと思っている人は生理周期をもう一度確認することが大切だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です